涙を流したい

型番 SP-0052
定価 2,000円(税込2,160円)
販売価格 2,000円(税込2,160円)
購入数

「迷ったら この一枚」シリーズ第二弾です。短調の曲だけが涙を誘うのではありません。心を鷲掴みされる音楽をPapalinが選曲しました。


こちらで試聴できます。
https://youtu.be/W8nzsh5uAI8


PapalinのCD 第6弾 第3作です。
http://studio-papalin.com/?pid=122241048

01 恋<ピアノ・バージョン> (星野 源) 《0:05〜》 
02 「見よ、かの碧空に」から 終曲 (信長貴富) 《0:25〜》
03 「六つのマリアの歌」から 十字架の下の聖母マリア (大竹くみ) 《0:45〜》
04 ネロ - 愛された小さな犬に (木下牧子) 《1:05〜》
05 南海譜 (新実徳英) 《1:25〜》
06 マリアの子守歌 (J.ラター) 《1:45〜》
07 アヴェ・マリア (F.トスティ) 《2:05〜》
08 「ペールギュント 第1組曲」から オーゼの死 (E.グリーグ) 《2:25〜》
09 「交響曲第6番 悲愴」Op.74 第4楽章 (P.チャイコフスキー) 《2:45〜》
10 「詩人の恋」から 僕は夢の中で泣いた (R.シューマン) 《3:05〜》
11 「交響曲第7番」Op.92 第2楽章 (L.van ベートーヴェン) 《3:25〜》
12 アヴェ・ヴェルム・コルプス (W.A.モーツァルト) 《3:45〜》
13 スターバト・マーテル・ドロローサ (G.B.ペルゴレージ) 《4:05〜》
14 「カンタータ106番」から ソナティーナ (J.S.バッハ) 《4:25〜》
15 「教会ソナタ」Op.3-7 Grave (A.コレッリ) 《4:45〜》
16 ああ、私は死なねばならぬのか (G.カッチーニ) 《5:05〜》
17 「死者のためのミサ曲」から アニュス・デイ (クレメンス・ノン・パパ) 《5:25〜》
18 「死者のためのミサ曲」から キリエ (J.オケゲム) 《5:45〜》
19 アヴェ・レジーナ (G.デュファイ) 《6:05〜》
20 Gar wunnikleich hat (オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン) 《6:25〜》
21 O mitissima Virgo Maria, Virgo virginum, Hec dies (バンベルク写本) 《6:45〜》
22 O Virtus Sapientiae (ヒルデガルド・フォン・ビンゲン) 《7:05〜》
23 「死者のためのミサ曲」から レクイエム (グレゴリオ聖歌) 《7:25〜》
24 療養所(サナトリウム) (作詞・作曲:さだまさし) 《7:45〜》

Your recent history

About the owner

Papalin

店長のPapalinです。(^^♪

2000年前から現代に至るまでの西洋音楽を違和感なく演奏できる楽器が少なくとも二つあると感じています。それらは弦楽器でも鍵盤楽器でもなく、また現代の木管楽器でも金管楽器でもありません。ひとつはリコーダー、そしてもうひとつは声という楽器による歌です。

この二つの楽器に取りつかれたPapalinのCDが、2013年4月に10枚(9タイトル)のシリーズで発売されました。2015年には第2弾として同じく10枚(9タイトル)シリーズが発売され、その後も発売が続いています。10枚セットでお求めになりますと、もれなくボーナスCDをプレゼントさせて戴きます。

パコレ(Papalin Collection)シリーズとして、Papalinアレンジによるリコーダーアンサンブルのオリジナル楽譜の販売も始めました。

スタジオ・パパリンではリコーダーとオカリナの生徒さんを募集しております。個人・グループ、大人・子供、定期・不定期、ご都合に合わせて設定可能です。また出張レッスンも行っております。「一度Papalinのレッスンを受けてみようか」等、お気軽にお問合せ下さい。

スタジオ・パパリンを末永くご愛顧戴けますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

スタジオ・パパリン (武藤)
0266-79-5532
papalin@studio-papalin.com

Blog

Mobile